勢いでの転職は失敗を招く

「少しでも条件の良いところに転職してキャリアアップしていきたい」

と、明確な目的意識や具体的な将来ビジョンを持たず転職を繰り返す方も少なくありません。実際、こうした勢いで行った転職が上手くいくケースも珍しくなく、数年ごとに職場を変えながら年収や地位を上げていく方も多くみられます。
ただ、給与や休日、役職といった表面的な条件だけを追い求めて転職を繰り返していると大半の場合には、いずれ大きな失敗を招いてしまう可能性が高いため注意が必要です。
なぜ、転職を繰り返すことが危険なのかというと、何度も職場を入れ替えている限りその人はその職場において常に新人的な立場となってしまうためです。そうすると、信頼できる深い人間関係などはもちろんありませんし、困難な状況に陥った際に手を差し伸べてくれる人を見つけることも容易ではありません。

[おすすめサイト]
20代で転職してスキルアップ
20代から将来を考えて転職しよう

また、転職を繰り返すことが上手くいくのは業界の景気が上向いている時だけです。業界全体の景気が悪化している状況で、いくら今よりも良い転職先を探そうとしてもそう簡単に見つかることはあり得ません。結果として、勢い良く今の職場を辞めて次の職場をみつけたにも関わらず、前の職場よりも待遇が悪くなってしまうということもたびたびみられます。
上記では転職について否定的な意見を多く述べていますが、もちろん現在のトレンドや自身の目的意識・ビジョンを客観的に分析・理解した上で行う転職は全く問題はないという点には留意しておいて欲しいと思います。