転職活動で聞かれる確率の高い質問

自己紹介について

 転職活動中の面接では、自己紹介をお願いします。という場面も出てきます。自己紹介で探ろうとしているのは、貴方のプレゼンテーション能力です。書類面接やWEB応募から始まっていても、貴方と面接官が対面するのは、面接が初めてです。初めましての状態の人間にも、理路整然かつ、単純に、職務経験を話せるかどうかを口調や声のトーンから、表情までを総合的にチェックしています。

 単純にまとめて、要点のみを自己紹介において話せるかどうかで、プレゼン能力や事前準備の具合も分かるので、会社への思い入れも自己紹介で分かることが多いので、自己紹介への準備はし過ぎても、し過ぎるということはありません。入念に準備していってもいいでしょう。

志望動機について

 転職活動では、聞かれる確率の高い質問、それが志望動機です。応募先企業への思い入れ具合も分かる質問なので、ボロも出やすい質問だとも言い換えることができます。特に、転職先の会社が以前の会社とは違う業界や職種だった場合、何の準備もなく転職活動をすると、ずれた回答をしてしまうこともあります。

 応募先企業の業界や職種への理解がないままに、応募してしまうからです。おかしな回答をしてしまわないためにも、応募先の企業研究は必須項目だといえるでしょう。