40代からの転職|給料とマネージメント能力

 仕事の悩みは次から次へと生まれてくるものです。同じ会社にいて、同じ仕事をしていても、不思議なことに問題は尽きません。40代になってもやはり仕事の悩みは発生するもの。終身雇用が形骸化した今日では40代からでも転職する人も増えてきました。
40代からの転職でカギになるポイントは、まず給料です。40代であれば一定額以上の給料をもらっている方も多いと思いますが、転職してすぐ満足できる給料をもらえることは少ないです。もちろんヘッドハントや実力のある方は転職でギャラアップも可能ですが、そうでない方は現状維持を覚悟したほうが良いでしょう。求人の多くは20代から30代の比較的安い給料で働いてくれる人を求めていますし、年齢を加味して給料を上げてくれるということはまずありません。

 二つ目のポイントはマネージメントの経験です。40代で給料もよいという場合、マネージメント経験があり、統率力、経験値、判断力が求められます。現場で走り回る仕事は元気もあってフットワークの軽い若手に任せ、40代にはそれらの社員をまとめ、指導してほしいという企業が多く見受けられます。あるリクルーターによれば、この傾向は国内企業に強く見られるということです。